横浜でコンジローマを診察できるクリニック

横浜の症例数の多いクリニックで包茎手術を

包茎のデメリットを挙げると、まず見た目がかっこ悪いということです。子どものころは誰でも包茎状態で、皮が亀頭を覆っています。勃起しても亀頭が顔を出すことはありません。しかし、身体の成長と共にペニスも成長しだんだん逞しくなっていきます。

そして亀頭部がはっきりと張り出してきて、勃起したときの大きさも明らかに変わり、亀頭を覆っていた包皮は亀頭のカリの部分に収まるようになります。ところが包茎は子どものペニスのような状態のままなのです。そのためかっこ悪く、情けないのです。また、不潔になりやすいというのも大きなデメリットです。

亀頭を覆う包皮を剥くことができないので、清潔に洗うことができません。手で剥くことができる仮性包茎であっても、やはり不潔になりやすく、お風呂に入っていないと炎症を起こしてしまうことがあります。これは見た目の悪さ以上の問題とも言えます。横浜のクリニックでは包茎手術を行っています。

簡単な手術で包茎の悩みから解放されるので人気があります。確かに手術を受けるというのは勇気のいるものですが、包茎のデメリットやコンプレックスを考えると勇気をもって包茎手術に臨むことをおすすめします。横浜のクリニックを選ぶ理由は経験が豊富であるということです。やはり症例数が多いというのは重要で、多ければ多いほど安心感があります。

さらに横浜のクリニックは独自の技術で術後の見た目が綺麗な方法の包茎手術も行っています。自由診療となりますが高い評価を得ています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *