横浜でコンジローマを診察できるクリニック

日本国内で使われている代表的なAGA治療薬

若年性の薄毛で悩んでいる人は、AGA治療が受けられる病院について聞いたことがある人も多いかも知れません。薄毛の症状を改善するために専門的な治療を行っている病院も登場しており、効果が高いとされているAGA治療薬の処方を受けることができます。国の認可を受けている治療薬には、飲み薬であるプロペシアと塗布タイプの薬のミノキシジルというものがあります。プロペシアもミノキシジルもAGAを改善させるために高い効果を発揮する薬ですが、どちらも即効性があるわけではありませんので、一定期間において継続的な治療を行う必要があります。

現在、AGA治療の代表的な治療薬として使用されているものがプロペシアで、主成分としてフィナステリドが配合されています。フィナステリドはもともと薄毛治療を目的として開発された医薬品ではなく、前立腺肥大症の治療薬として作られたものです。服用をしている患者に発毛効果の副作用が見られたことで、現在ではAGA治療薬として使用されています。日本国内における臨床試験の結果では、3年間の継続使用によって7割以上の人に何らかの改善の傾向があることが認められています。

個人差はありますが、稀に性欲の低下や勃起不全、倦怠感などの副作用を発症する場合もありますので、服用については専門医の意見を聞いて相談した上で服用するものとなります。ミノキシジルは髪の毛を生成している毛母細胞に対して、直接的に働きかけることで細胞の活性化を促すことができます。正式な薄毛治療薬として認可を受けており、血流を良くすることができる効果によってAGA治療に役立つ薬となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *