横浜でコンジローマを診察できるクリニック

AGA治療のために必要なこと

AGAとは男性型脱毛症のことです。主に遺伝や男性ホルモンが大きく関係していると考えられており、また加齢やストレスや生活環境も影響する考えられています。早い人は10代から、大抵は20代から始まる脱毛の一種です。脱毛タイプがAGAの場合、通常の育毛シャンプーや育毛トニックではあまり効果がないとされています。

AGAの場合、男性ホルモンの影響で髪の毛が生えてきても成長する前に抜けてしまうため、薄毛が進行してしまいます。AGA治療はこのヘアサイクルの乱れを正すことが必須となります。AGA治療にはミノキシジルとフィナステリドという薬を用います。フェリステリドフィナステリドは内服薬で、ミノキシジルは外用薬です。

フィナステリドは男性ホルモンの影響でできる脱毛ホルモンによる脱毛スイッチが新たにできないよう抑制し、ミノキシジルは既に脱毛スイッチが入ってしまった毛根の再生を促します。どちらか片方だけでは薄げに対する効果が薄く、両方を併用することが望ましいです。また、ミノキシジルとフィナステリドの容量のバランスなどは個人差がありますので、自分で判断せず、専門医に頼る方が確実といえます。専門医のAGA治療と平行して行いたいのが、生活習慣の改善です。

AGAは男性ホルモンと遺伝の影響が大きいですが、薬を用いるにしても土壌を整えることは大切です。栄養の偏りや、内蔵機能の低下、ストレスは髪や頭皮の栄養不足にも繋がります。規則正しい生活と、適度な運動で体調を整えましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *