横浜でコンジローマを診察できるクリニック

現代版割礼?品川の包茎手術

亀頭の周りを覆っている余分な包皮を切除する手術を包茎手術と言います。品川には専門クリニックがあり、たくさんの方がこの包茎手術を受けています。余分な包皮を切除することによって、逞しいペニスを手に入れることができるのはもちろんのこと、包皮炎などの炎症に悩まされなくて済むようになります。包茎の状態でいると、包皮と亀頭との間が汚れやすく、細菌が繁殖して包皮炎などの病気を発症しやすくなるのです。

品川のクリニックで包茎手術を受けることで、風通しが良くなり、ペニスを清潔な状態に保つことができるようになります。このメリットは大変大きいと言えるでしょう。ところで、欧米では赤ちゃんのときに包茎手術を受けさせる親が多いのだそうです。その背景には聖書の教えがあると言われており、聖書の中に登場するユダヤ人は、生まれて8日目に割礼と呼ばれる儀式を行わなければなりませんでしたが、この割礼こそまさに包茎手術にほかならないのです。

当時はナイフでスパッと切っていたのでしょうから、少し残酷な気もしますが、これがユダヤ人男性のしるしでもあったということです。日本では赤ちゃんの包皮を切除するということは考えられないことですが、日本在住の外国人や日本人でもクリスチャンの家庭の赤ちゃんの中には、病院で手術を受けるケースが時々あるようです。赤ちゃんのときに受ければ怖い思いをしないで済むし、記憶も残っていないので良いかもしれませんが、大人になってみないと包茎になるかどうかわかりませんので焦ることもないでしょう。品川のクリニックでは、経験豊富なドクターが要望に合わせて手術を行ってくれるので安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *