横浜でコンジローマを診察できるクリニック

町田の尖圭コンジローマの治療を行うクリニック

町田のクリニックには、尖圭コンジローマの治療のために受診する患者が多いです。

この尖圭コンジローマとは、ヒトパピローマウィルスが感染することで起こる性感染症の一種です。主に性行為時の摩擦によって皮膚や粘膜に微小な傷ができ、そこからウィルスが侵入することで感染します。感染してから数カ月経過すると、陰茎の亀頭やその周囲、包皮や陰裏などに2ミリから指先大くらいのイボができるようになります。そのまま放置すると肛門周囲や肛門内、尿道口や直腸内部にも発生し、やがてイボ同士がくっついて巨大なカリフラワー状の腫瘤になります。放置していても治ることがないので、異常を感じたらすぐにクリニックを受診することが大事です。

町田のクリニックでは、尖圭コンジローマの治療のために主に電気メス、炭酸ガスレーザーによるイボの切除、液体窒素による凍結療法などの外科的治療を行っています。あるいは、ベセルナという軟膏を塗布する治療方法も導入しています。尖圭コンジローマというのは外科的な治療によってすべてのイボをきれいに取り除いたとしても、患部にウィルスが残っている可能性が高いです。ウィルスが残っていると再発を何回も繰り返すことになるので、治療が長引く場合も少なくありません。治療から3ヵ月以内に再発する可能性は約25パーセントといわれているので、町田のクリニックの治療後に再発しても完全に治すために根気よく治療を続けることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *