横浜でコンジローマを診察できるクリニック

町田でコンジローマの治療を

コンジローマは陰部に2mmから大きなものでは指先ほどのイボが現れ、これが増えていきカリフラワー状・鶏冠(トサカ)状になることもある性感染症です。

原因は性行為の経験があれば誰でも発症する可能性があり、コンジローマのウィルスは100種類以上とされ、そのうちの40種以上が性器から検出されています。尖圭コンジローマを発症するウィルスは2種類で90パーセントの方は自己免疫で排除できるのですが、免疫力がおちていて一度発症してしまうと町田でクリニックに通っても、完全にこのウィルスを排除するのは難しいとされ再発を繰り返すのです。感染してから発症するまでは3週間から8ヶ月と長く、痛みや痒みなどの自覚症状がないことも多く自分は大丈夫と思うのは浅はかな考えといえます。特に女性の場合は性行為によって1度は感染するといわれており、注意するべき性感染症といえるでしょう。

尖圭コンジローマと発がん性を持つHPV(ヒトパンピローマウィルス)には相違がありますが、発がん性と深い関係があるHPVは悪性型と呼ばれます。ほとんどが良性であるのですが、HPV16・18・52・58型は子宮頸部に感染し子宮頸がんの要因になるともされます。町田でいち早く症状を知るには、陰部にイボ状の突起物やジーンズなど硬い衣服に触れることで痛みを感じる、さらには接触で出血しやすく2次感染によってただれや壊死を起こして悪臭を放つなどの症状も現れます。これらひとつでも見つけたら、町田のクリニックで相談をしてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *